2016年02月14日

AFURI 横浜店4

地図:神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 横浜相鉄ジョイナスB1 12区画
駐車場:未確認
営業時間:11:00〜23:00
電話番号:045-624-9636
定休日:相鉄ジョイナスに準ずる

横浜駅直結ジョイナス地下街にあるZUND-BAR系列のお店です。AFURIに行ってきました。

BlogPaint


P1140649_R
店の入り口横にある券売機。メニュー構成は本店格であるZUND−BARを踏襲してるものとしか思えませんが値段設定がやりすぎなくらい強気ですね。辺鄙な立地のこだわり店が一等地に出るとこんなことになるってこと? 味玉に230円の価格設定なんて初めて見たけどおれがZUNDで何度も食ってた味玉とは格段に違うシロモノなのかな?

P1140670_R
画像は注文後に着席してから撮ったものですが食券を渡す際に淡麗か鶏油多めのまろ味かを訊かれます。ざっくり言えば淡麗は油少なめまろ味は油多めと受け取っておけばOKです。

P1140656_R
卓上調味料は本店よろしくシンプルで。

柚子塩らーめん・淡麗¥980
P1140659_R
そういえばZUNDでもしばらく柚子は食ってないなって。

P1140662_R
七沢のZUND-BARで作られるスープ。こんなに明るい照明の下で見たのは初めてです。丸鶏をベースにコレと感じさせないじんわり魚介。柚子も確実に「いる」のが分かるんですがあくまでも主役はダシだよって作り方がらしいなぁ。

P1140664_R
麺はふすま入りの細ストレートでこれはZUNDの麺とは違うけど思えばZUNDのデフォは2年くらい食べてないから変えたのかな。ちょっと柔めに思えましたがダレと感じるまではいかなかったんでこれはこれで。余談ですがふすまが入ってる麺って普通の麺よりかなり健康的なんですってね。

P1140669_R
チャーシューは焼き目の入ったロースの厚切り。良い肉を使ってるようでしっかりした肉質に脂が甘く焼き目の香ばしさがしつこさを打ち消す働きを見せてます。素材の良さをなるべく素直に出そうとする意図が見えて実際それが出来上がってるのは瞭然ですか。口直し具材の水菜やメンマポジションに入るタケノコの細切りもやはり素材といった部分を強調してるように感じます。

P1140667_R
トッピングでは230円と超絶強気な価格設定で躊躇する味玉ですがラーメンには味玉を付けたいって方、安心してください、半玉入りですよ。これは本店格のZUND-BARも基本的に半味玉が標準装備だったりするんですね。柚子らーめんだと味玉に柚子皮があしらってありますがこれは取らないように食べたほうがよさそうです。味玉と一緒に口入れて噛むと味玉まで柚子風味に思えちゃったりして面白かったです。

P1140671_R
どんぶりが描くは阿夫利(雨降り)山なんだろうな。下社しか行ったことないけど。

金曜日の夜9時過ぎ、平日の夜ならそんなに混んでないだろうと思いましたがあらあら大人気。
場合によってはZUND-BARより混んでるように思えるんでおそらく再訪は無いと思いますが
厚木発のお店が都内や横浜で人気を博しているのはなんだか嬉しく思えてしまいます。


t_ssk_tak_papa at 23:30│Comments(1)TrackBack(0)横浜市西区 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まんぼう   2016年02月16日 15:19
ブランド力なんでしょうか、めんまものりも異常なほどに強気ですね。ビールなんて^^;
客を選んだ値段設定ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔