2009年09月06日

ラーメン 学4

地図:神奈川県相模原市淵野辺4-37-26
駐車場:無し(周辺に有料P有り)
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜21:00(LO各15分前)
電話番号:非公開
定休日:日曜日
※画像はクリックで拡大します。
※アンダーバーの付いた文字はお店に関する情報です。

淵野辺駅徒歩圏内の二郎亜流なお店、学に行ってきました。

学外観


外観写真に「極太」の文字があるのが分かると思いますがこちらは時々「極太Day」と銘打って
違う麺を食べさせてくれたりします。ブログ上初でいきなり限定的なのもどうかと思いますが
意図してその日に行ったわけでもないんで。まあ、ご寛容にお願いします。

学券売機
極太Dayは初めてだったんですがその日にはミニがなくなっちゃうのね(´д`;)
ミニでもかなり腹いっぱいになるんですが…。死亡フラグってこういうのを言うんですか?
ちなみに麺量はミニでもやや多めの170g。小だと約2杯分の300g、大だと450gで
常連さんのみ鍋持ち込みで1.2kgのなべ盛りなんてやってるみたい。俺には縁がないけどw

卓上には唐辛子と胡椒のみ。自分で味の濃さは調整できませんね。

小・極太・そのまま¥700
学・小・極太
学・小・極太横
学・極太麺まずはやっぱり麺ですかね。
平打ちなんですが幅が割り箸の先っちょの
倍くらいあります。コシがもの凄くて
ワシワシっていうかガシガシっていうか。
こうなってくると麺を食べてるってより
塊にかぶりついてるってみたいな
錯覚すら覚えます。でもこれが美味い!


学・スープスープはそのままだとしょっぱいくらいですが
それでも麺に負けちゃってますね。
普通の麺のときはあまりレンゲの出番が
ないんですがこの日ばかりは活躍しましたw





学・豚さん♪豚さんの厚みはそのときによって
ブレがあると思いますが
普通のラーメンと比べれば素敵過ぎる
大きさ。しっかりと噛み応えのある
歯応えでずっしりとお腹にたまります。

野菜はキャベツ率が高いのが嬉しいですね。
シャキシャキ感とキャベツの甘さがいいカンジ♪


☆は1点、★は0.5点として見てください。

    スープ:☆☆☆☆
       麺:これは人を選ぶかも。
チャーシュー:☆☆☆☆
     味玉:今回はパスしたけど味付うずら美味しいです(><)
  その他具:☆☆☆☆

    接客:☆☆☆
   雰囲気:☆☆☆

麺少なめって言えばやってくれたのかなぁ。食後は案の定悶絶ですわ(;´Д`)=3
昼12時台に食べたのに夕飯が入りませんですたw


※こちらに関しては出自に関して情報を求めましたが、十分すぎる情報をいただけました。
貴重な時間を割いて情報を寄せてくださった方に対しては改めてお礼を申し上げたく思います。



t_ssk_tak_papa at 19:00│Comments(7)TrackBack(0) 相模原市 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ばくばく   2009年09月06日 21:16
実はどらごんの後に学にも寄っていました。
ここは豚骨カレーのトッピングがお気に入りです。
店主一人でさばいていたのでちょっと回転が悪かっ
たですね・・・(助手の方はお休みだったのかな?)。
小ラーメンの野菜増しで頼んだのですが、ここの増
しはいまいち増されているのかどうかよく分りませ
ん。まあ普通でも満足ですが。

極太Dayには遭遇したことがないですが、一度チャレ
ンジしたいですね・・・。

2. Posted by 南極Z号   2009年09月07日 03:33
 
 ここすごく行きたいです♪♪。

このまえ、ここからすぐの現場だったのですが・・・、

ひとりではラーメン食べないので・・・・。

怒られちゃうんで・・・・www。

おいしそう〜♪♪。
3. Posted by ふらわ   2009年09月07日 12:42
二郎?亜流でしょう。

ラーメン二郎PC店でも亜流に分類されているし。
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/3433/

「ラーメン二郎」を名乗るにはラーメン二郎三田本店の店長さんに認められ、ラーメン二郎専用のカネシ醤油(紫ラベル)の使用を許可されている店だけだと思います。
4. Posted by tetsu   2009年09月07日 23:06
>>ばくばくさん
どらごんの後にこちらで小、しかも野菜増しですか。
そのままでもキツイ私には想像するのも難しいですが
満足されたのは文脈からなんとなくわかります。

実は豚骨カレーが気になってしかたなかったりです。
多分次にこの店に行ったレポでは豚骨カレーがあるかなとw


>>南極Z号さん
おやや? お仕事でこちら付近まで出向く機会があるんですか?

私もまだこの近辺は駆け出しですが何気に美味しい店が
あったりです。怒られない範囲で食べちゃってください♪


>>ふらわさん
やっぱり亜流ですか。

十中八九とは思いながらもコメントで頂いた意見を
無下にするわけにもいかず困ってました。
でもふらわさんがソースまで出してそう仰るのであれば
間違いないところですね。いつもありがとうございます。
本文も書き換えました(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
5. Posted by 通りすがり   2009年09月08日 14:28
学の店主は町田二郎や大山の大将である影島氏とは別人ですね。
この人です↓
http://www.r-taizan.com/topics/index.cgi?mode=img&img=64_2.jpg
2人写ってますが、もう1人は説明不要ですね。

私感ですが、初期の二郎ブームを支えたのが、吉祥寺の生郎や目黒や赤羽(現富士丸)だとすれば、今に至る第2期二郎ブームのきっかけになったのが野猿二郎と町田二郎だったと思います。野猿は二郎につけ麺という新しいメニューを根付かせましたし、町田は海老を使った「MO(町田二郎オリジナル)」という、後の大山につながるメニューで大人気でした。確かある年の新聞でのラーメン番付の上位(横綱?)にも入った記憶があります。

残念ながら、どちらのお店も駐車場のない立地と自分勝手なマニアの増殖により、野猿は移転、町田は閉店という経緯をたどったのは皮肉な話かと思います。

学の店主は、影島氏が富士にあたらしく開いた大山で修行してから、相模原に出店し、さらに移転して学を始めた方で、二郎店主とも交流があるそうです。その意味ではインスパイア(=無関係)ではないですが、三田の総帥から認められたわけではない(=二郎専用の材料が使えない)ことから、、やはり亜流となるのではないでしょうか?

ずいぶん長文になっちゃいました、すみません。


6. Posted by HIDE   2009年09月09日 01:11
はじめまして、ひでといいます。
まずは、某近い人から聞いた話ですが、
基本的に、学の店主と元蓮彌(町田二郎の貢献者)は兄弟弟子です。そこから影島氏の目指している大山の分け暖簾分けをしたのが学の店主で影島氏の独自の二郎の味を受け継いだの蓮彌です。二郎の味は同弟子に教えているとの事です。後、大山の暖簾分けの方向に行ったのが学の店主です。ですから同弟子には最初の段階で影島流の二郎の味は同時に習っているはずです。
7. Posted by tetsu   2009年09月09日 22:34
>>通りすがりさん
モヤッとしてた部分がハッキリしました。
詳細なお教え本当にありがとうございます。

頂いたリンク先の人物は確実に学の店主ではありませんね。

う〜ん、まことにお詳しい。勉強になりました。
長文コメントに対し短文でしか返せないのに
我ながら情けないと思いますがお許し願いたいと思います。
やっぱり亜流ですね。今後こちらにはちょいちょい
行くことになりそうですが亜流として扱うことにします。


>>HIDEさん
更に細かいところまでお教えくださってありがとうございます。
蓮彌は知らなかったんですがググッてみて二郎な店であるのは
分かりました。二郎亜流も色々あるんですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔